ハートの時計

財産として残された遺品に対して、自分が正しい取扱い方法を知っているか、よく考察する必要があります。
特に美術品や骨董品などは、よほど深い知識がなければ、その品物の価値を損なってしまう危険性が高いのです。
押し入れにしまっておくだけでは、時間の経過とともに価値はどんどん下がっていきます。
そうなる前に、買取と言う選択肢を考えてみてください。
買取業者は、もちろん、信頼のできる相手でなければなりません。
実績と信用の高い買取業者はきっと、その品物を大切にしてくれる人への橋渡しとなってくれます。

事前打ち合わせが大切
 何らかの事情があって自分では遺品整理することができない人が、専門業者に作業を依頼するケースが増えてきています。
故人が残した荷物の中には様々な品物が含まれていますので、業者に依頼する場合には、事前に綿密な打ち合わせをする必要があります。
たとえば、食品類などは全て廃棄処分してもらうことになりますが、一見ゴミにしか見えない品物が遺族にとってはとても大切な思い出の品であることがよくあります。
また、思わぬ所から財産的な価値の高い物が出てくる可能性も少なくありません。

分類方法を明確にする
 業者と事前打ち合わせをする際に、明確に決めておくべきなのが、遺品の分類方法です。
その業者に不用品の買取も依頼しているのであれば、買取可能な品物と買取できない品物をきっちり分類しつつ整理してもらう必要があります。
不用品を処分するためにかかる費用は依頼者の負担になりますが、買取品がたくさんあれば費用負担を軽減することができます。
ですので、古物商許可を取得している業者を選んで、査定と整理を並行してやってもらえるのがベストです。

信頼できる業者に依頼
 作業を依頼する業者を選ぶ際には、料金の安さばかりに目を奪われてしまってはいけません。
とにかく、高い評判を得ている信頼できる業者と契約することが非常に重要になってきます。
自分で遺品整理作業に立ち会うことができないということは、その間の財産管理を直接行えないということになります。
遺品の中から有価証券や貴金属が出てくるケースが実際にかなりあるのですが、悪質な業者に依頼するとネコババされてしまうおそれがあります。
ですので、できるだけ信頼性の高い業者に依頼する必要があります。

オススメリンク
最新の投稿
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
December 2014
M T W T F S S
« Jun    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031